kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
映画『めがね』 個人的感想
しょぼしょぼのお目目、
寝不足で朦朧とした意識下で鑑賞。

こんな観かたでも、いい意味で「ま、いっか(苦笑)」と思える肩がこらない作品でした。

以下続きからどうぞ


↓ ↓ ↓

とにかく退屈なくらい、何も起こらない。
のほ~~~~んとした空気が流れてました。

南の島の民宿のご飯がとっても美味しそうで。
海はとっても綺麗で
緑も濃くって

なんか、おしゃれな写真集みてるような。

個人的に、前作『かもめ食堂』がよかっただけに、『めがね』は懲りすぎちゃった感があって、ちょっと残念。
でも、役者さんたちはみんな素敵で自然体で、良かったです^^(←上目線すぎ

もたいまさこさんのちょっと猫背で、でも、みてるこちらの背筋が自然と伸びてしまうような佇まいは、
さすがの存在感でした。
小林聡美さんの赤いバック、赤い編み物、ナチュラルな世界の中で、ピリッとスパイスが効いてました。
市川実日子さん、加瀬亮君は絶妙の配役で持ってきましたねー(//▽//)
光石研さん、好きです(爆)。
薬師丸ひろこさん、あ~~なんかいるいるこういう人!!(ぷぷ)


客人タエコ:  「ココでは何が出来ますか?」
民宿主人ユージ:「『たそがれる』ことですね~。」


???
どうも言葉に違和感を感じたので、調べてみた(国語辞典好き♪)
たそがれ=黄昏=夕暮れ。暮れ方。たそがれ時
残念!「たそがれる」っていう動詞はありませんでした。
でも、作品中、「たそがれる」ことはとっても大切なキーワード。
ココにひっかかっていてはこの作品の世界感には浸れません。

夕暮れ時におセンチになるような、
しみじみするような
過去懐古したり
物思いにふけること・・・

そんな感じだと思います。がーーー!
「たそがれる」ために人はココに来る・・・・・・。
なんていう設定が余計だった気がするなぁ。(あくまで偏った個人的意見です><)

ただ一つ、「サクラさんの作るかき氷」、食べてみたいなぁ~。
と思うのでした。(食いしん坊バンザイ!!)

こんな感想読んでも、おそらくさっぱりわからないかと思いますが・・・(汗)
『かもめ食堂』が面白かった方にはイケルと思います。
私は『プール』がDVD化されるのを楽しみに待つことにします^▽^♪♪

スポンサーサイト
[2009/12/06 23:02] | cinema (DVD) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ブクログ貼りました♪ | ホーム | 喜怒哀楽=4:1:3:2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/71-da7f2780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。