kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
NYC
はじめに言っておきますが、ネガティブなことを書いていると思います。
気を悪くされる方がいるかもしれません。






昨日、紅白出演者が発表されました。
マサカの(失礼!)セクゾンちゃんで若干驚きはしましたが、NYCは出られないであろうと思っていたので冷めた心で受け取りました。
今年CDを1枚も出していないユニットが紅白に出ていいとは思いません。
(大御所について触れだしたらきりがないので語りません。)

事務所的にもNYCというユニットのフェードアウトを狙っているとしか思えない流れの中、それでももしかしたら・・・という一縷の望みすらも持っていませんでした。
(Hey!Say!JUMPで出演させてもらえたら嬉しいし、なんなら「山田涼介」での出演もありだと思っていました。)
(キスマイさんに決まったら、それはもう順当だし、認めざるをえないと思っていました。)

おかげで『悲しみ』というダメージは受けませんでしたが、
その代わり、『怒り』というなんとも負の感情がわいております。

何に対して『怒り』を感じているのかというと・・・

そりゃあもう結成の時からのいろんな出来事に対して、多分ファンが想像する以上に悩み苦しんできた涼介さんの思いに事務所が報いてくれなかったことです。
と、ここまで書いてたら本気で涙が出てきました。

あの紅白初出演の記者会見で心ココにあらずで、青ざめた顔で放心していた涼介さんの顔は今でも容易に思い出せます。
良くも悪くも私の中で紅白はNYCというユニを語るパーツの一部です。

もちろん知念さんだって優馬くんだって、NYCの活動に対して表には出さないだけでいろんな葛藤があったはずで、それを3人で少しずつ距離を縮めていってやっとユニットとしての夢や展望を語り始めた所だったのに。
解散させるならせめてキャンデーズばりの解散コンサートやって、「『卒業』アルバム」を出して、華々しく幕を閉じるという形にすることは出来ないのでしょうか?で、何年かおきに同窓会と称してコンサートをやってくれたら申し分ないんですけど!

正直に言わせていただくと、もし何かのアンケートでジャニーズの好きなグループを一つしか選べないのだとしたら、迷わずJUMPを選択します。
私はJUMPに対しては5年後、10年後には、こんなグループになっていて欲しいという希望を託し、想像力を働かせます。2020のオリンピックのメイン会場のこけら落としに、堂々と華を添えて欲しいという願いも持っています。でも、NYCの5年後、10年後を想像したことはなかったように思います。どこかでいつかの終わりも感じていたような気がします。
だからこそ上にも書いたようにきちんとけじめをつけて、ある意味「伝説のユニット」になって欲しいと思っているのかもしれません。


当の本人達がこの状況をどう感じているのかは、私たちにはわかりようがないから、こうやって1ファンとしての希望や欲望を書き散らすことしか出来ないけど、ただただ、この状況に「心が負けてしまいませんように」と願います。





『怒り』の気持ちで書き始めましたが、少し冷静になれたような気がします。
書くことって大事ですね。

ていうか、NYCがどうなるかなんて何も決まってないのに、解散が決まったみたいな書き方をしてしまって、申し訳ありません。



(追記)

NYCは結局「優馬くんにとっての学校」のようなところだったのかな?と最近思います。
関西で1人飛びぬけていて、今までの仲間がどうのというわけではないけど、仕事に対する責任感や、プロのアイドルとしての徹底振りを同い年の二人から学ぶ場。優馬くんの意識を改革する場。そして、何よりも分かり合える「仲間」を得る場・・・。

優馬くんのためのNYCであったと簡単に認めるわけにはいかないけれど、涼介さんにとっても優馬くんという友人を得ることが出来たし、とても貴重な学びの場だったはず。
そして、涼介さんと優馬くんをつなぐ、かけがえのない鎹(かすがい)だったのがほかならぬ知念さん。
多分、知念さんがいなかったら涼介さんが優馬くんに心を開くまでもう少し時間がかかったのではないかな?と思います。
(そんな知念さんが「二人が仲良くなったなら、もう大丈夫だね」とさりげなく二人から距離をおいてるような気がしないでもなくちょっと寂しさを感じてはいるところでした・・・)

「NYC」という学校で3人の関係性がこれからどう変化していくのかもう少しの間見守らせて欲しいのですが・・・。

スポンサーサイト
[2013/11/26 12:44] | NYC | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<Happy Birthday to ちぃさん ☆ | ホーム | 拍手コメントのお返事☆>>
コメント
こんにちは
紅白出場の発表の日にフライング気味にセクゾ内定のような記事を見たときやっぱり・・・・なと思い。昨年の紅白NYCを胸が締め付けられるような思いで観ました。紅白はある程度仕方ないです今までがありがたいほど。雑誌からNYCが消えてからいろいろ考えてしまうのですが、都合のいい私の脳は、今JUMPも優馬くんも世間に名前を知ってもらう時期JUMPというグループが一回り大きくなったらNYCの活動もさせてもらえるのではないかと密かに願ってます。やまちゃんにかけがえのない仲間が増えたのすごく嬉しいし2つのグループのかけもちはできなかったなんて言われたくないし3人の良さを事務所さんに認めてもらいたいです。netやwebにNYCがある以上は応援したいです。
(ベスアで新曲披露した時のタンクトップの文字が気になりますどんな意味があるのかな?)
薫さんもTwitterされてるのですね良ければフォローさせてもらってもいいですか?
そちらの冬はどうですか?お身体気を付けてください。

[2013/12/02 16:16] URL | もっち #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
こちらは12月に入り、寒さに拍車がかかっています(泣)もっちさんのお住まいの地域は雪は降るのでしょうか?
NYCについてはいろんな想いがせめぎあって、もう一言では言えない状態です。
私ももっちさんと同じことを思いました。3人がもっと大きくなって、もっと世間の認知度もあがって、そのとき、3人が自分達からNYCで何かやりたいねって自発的に働きかけたら、また動き出すこともあるんじゃないかなって!(以前少年倶楽部プレミアムで「平家派」の先輩達が集まってミニイベントをやったときみたいに)
カケモチは無理だったなんて思われるのは確かに悔しいし、あの3人が本気出したらやっぱりすごいと思うし、そういう姿、見たいです。
そのためにはファンの継続的な応援は必要なのかもなってちょっと反省しました。
ツイッター、もっちさんもされてるんですね!!
フォローいただけるなんて嬉しいですー(≧▽≦)♪
しょーもないことしかつぶやいてませんが、ぜひよろしくお願いいたします(ぺこりん)
[2013/12/04 01:08] URL | 薫 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/688-958de7bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。