kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
『無菌病棟より愛をこめて』

『無菌病棟より愛をこめて』 加納朋子 文藝春秋

大好きな作家さんのノンフィクションです。
まさかこの方の闘病記を読むことになるとは・・・

ドラマや小説の中でそれこそ王道のように使われてきた白血病という病
なぜか芸能関係のお仕事をされている方によく聞く病気・・・

過去の作品はほとんど読ませていただいていたのですが、それらの作品と同じような語り口で、病気発覚から退院、退院後の暮らしが綴られていました。

マイナスな言葉や悲観的な表現は意識的に避けていたのか、触れてもさらりと・・・という感じ

彼女からの強いメッセージがあとがきにあります。
少し紹介したいのですが抜粋になってしまうので続きに・・・。


家族やたくさんの方々に支えられて、病を乗り越えた彼女が書いた新作
『はるひのの、はる』
ささらシリーズの最新刊を読むのが、今とても楽しみです。











決して絶望しないで下さい、と。
中略
そして日々、医療は進化しています。この病気に限らず、すべての困難な病気に対して、次々と新しい治療法、新しい薬が開発されています。イメージも数字もどんどん古いものとなっています。そしてすばらしい素晴らしい医療スタッフが、全力で患者を救おうと尽力し、サポートしてくれます。患者自身にもできることは山ほどあります。それを自覚して、努力するとしないとでは雲泥の差、というようなことが。
 情報は闘うための力です。ですがまず、情報に押し潰されないだけの強さと冷静さを、少しずつでも育てて下さい。そのために、ポジティブシンキングは大切、笑うことも、楽しみを持つことも、それ以上に大切です。そしてまた、はなから諦めたり、全てを投げ出したりしている患者を救えるほど、医療従事者は万能ではないのだと、まずは心得て下さい。


余談ですが、この作品で作者が漫画・アニメが大好きであることを初めて知りました。
ツライ闘病中ぼんやりテレビを視聴して時間をやりすごしたり、新刊のコミックスの差し入れがなんとも楽しみだっらりしたそうで、勝手に親しみをもってしまいました。

私だったら、さしづめJUMPのDVDを延々観てるんでしょうか・・・



スポンサーサイト
[2013/10/28 22:40] | book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『はるひのの、はる』 | ホーム | 『るり姉』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/685-8c79419f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。