kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
読み聞かせ 2年生
月イチの読み聞かせ。
今月は2年生♪
低学年は、無条件にかわいいですね。
まだまだ絵本が大好きな年代です。



『こうもりくん』 ゲルダ・ヴァーゲナー 文  エミーリオ・ウルベルアーガ 絵  徳間書店

こうもりなのに暗闇が怖いこうもりくん。周りのこうもり達に馬鹿にされて逃げ出してしまいます。
辿り着いた先はある1軒のお家。そこには女の子がいて・・・
最終的にこうもり君は女の子から勇気をもらって帰っていくのですが、この絵本には光と影の距離と大きさの関係なども描かれていて、科学的側面をもっています。
今夏、学校図書フォーラムに参加したとき聞いた話なのですが、今の学校現場では理科離れが深刻だそうです。
教科書や理科室だけでなく、実は図書室にも科学や生物に関する絵本や図鑑がたくさんあって、絵本の中には科学的要素を含んだものもたくさんあるのだというお話でした。
この『こうもりくん』はその時にいただいたリストの中にあった絵本です。
もちろん読み終わったあとに子ども達に光や影の話をわざわざすることはありません(笑)



『これは おひさま』 谷川 俊太郎 文  大橋 歩 絵  ブッキング

『こうもりくん』が夜のお話だったので、2冊目は明るい昼の本をチョイス♪
同じ谷川俊太郎さんの本で『これはのみのぴこ』という絵本があるのですが、それをもっとコンパクトにした感じです。
1ページごとに言葉が増えていきます。(少年倶楽部のフリげーバトルみたいと言えば分かるでしょうかww)
みんな楽しそうに食いついてくれてたので、2年生くらいなら面白がってそらんじてしまう子もいるかもしれませんねー。



ところで、この日は、絵本を読んでる最中に天候が荒れだし、窓の外は大粒の雨&突風が吹き荒れる…という状態になってしまいまして。暴風雨が窓に激突し大きな音をたてる状況だったため、子ども達は気もそぞろ・・・。終始窓の外を気にしてソワソワしておりました(無念)
でもって、読み聞かせタイムが終わる頃には雨風はすっかりおさまっておりましたっていうオチまでついてます。



※ご紹介した本は本棚に並べてありますので、よろしかったらご覧下さいませ(PCからのみ閲覧可)



スポンサーサイト
[2012/11/05 23:41] | book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<+act mini | ホーム | 拍手コメントのお返事☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/619-cb7691ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。