kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
『かいじゅうたちのいるところ』 他





『かいじゅうたちのいるところ』  モーリス・センダック / 冨山房

先日、センダック氏が亡くなりました。
彼の作品、『かいじゅうたちのいるところ』は次女が大好きな絵本でした。
私自身も幼少期に読んだことがあるのですが、あのなんともいえないかいじゅうたちが、当時はなんだか怖くって、そうはいってもなんとなく気になって、毎回毎回怖いもの見たさでページをめくっておりました。
次女は2歳ごろの1ヶ月近く、だだはまりしてほとんど毎晩寝る前の読み聞かせで読まされました。
当時の彼女にとって、何がどう面白かったのでしょうか?センダック氏の訃報を彼女に伝えると同時に、幼い頃毎晩読んであげたことを伝えると、全く覚えてないとのこと。かわりに横で聞いてた長女の方がよく覚えておりました(笑)
大人になって改めて読むと、かいじゅうたちはとってもユーモラスでなんともまぁ愛嬌のある表情だなぁと思います。

追悼の意をこめて、もう1作品紹介。

『あなはほるもの、おっこちるとこ~ちぃちゃいこどもたちのせつめい~』
クラウス 文 ・ センダック 絵 / 岩波の子どもの本

ずっと前に、光クン担当のお友達が教えてくれた本。
以前住んでいた場所の図書館には置いてなくて、こっちに来てやっと見つけました。
これは挿絵だけですが、くすっと笑わせてくれる絵本です。
副題にあるとおり、あるもののことを、幼児たちに説明させたもの。
子ども達の目線の答えがとっても可愛らしい。
大人になってしまったら、絶対に答えられない。
あるときはみたまんまの答えだけど、あるときはとっても詩的な答えが返ってくる。
たとえば・・・

「かおはいろんなかおをするためにあるの」
「かおはあたまのまえについているもの」
「てはつなぐためにあるの」
「だきあうためにうでがあるのよ」
「ちきゅうがないとたってるとこがないよ」
「おひさまはいついちにちがはじまるかおしえてくれるもの」
・・・・

まだまだたくさん。
どの言葉をとってもシンプルで時に壮大で、時に身近です。
「なんかちょっと疲れちゃったかも・・・。」
そんなときに手に取ってみるとよいかも。


センダック氏のご冥福を心よりお祈りいたします。


さて、センダック氏以外では・・・
金曜日の読み聞かせで読んだ本のご紹介。3年生に入りました。
今年度1発目だったのでとにかく明るいお話を。


『にゃーご』 宮西達也 作・絵 / すずき出版

子ねずみを食べちゃおうとするねこさんと、ねこさんが怖い事をまだ知らない3匹の子ねずみたちの心温まるお話。
どこか憎めないねこに、天真爛漫な子ネズミ達。
子ども達の食いつきがよくって、読んでる私もとっても楽しくなるお話でした。



『これはのみの ぴこ』 谷川俊太郎 作・和田誠 絵 / サンリード

こちらもユーモア絵本の部類に入るかな?
これは読み手も体力を使う絵本。
とにかく、どんどん増える文章をどこまで息継ぎをしないで読めるかが勝負www
絵も内容も気軽に楽しめる本です。低学年ならそらんじちゃうんじゃないかな?


最後に

『ぐるぐる猿と歌う鳥』 加納朋子 / 講談社

少年少女のためのミステリーランドシリーズです。
絵本から児童書を経て本格的な小説に入る一歩手前の子ども達のために、作家さんたちが書き下ろしてくれたミステリー。
本書は小学5年生の男の子が主人公。転校先の社宅や小学校。子どもの世界はそれがすべて。
大人対子ども、子ども対子ども、大人対大人・・・・。
子どもの意思と大人の理屈。
時に大人の都合で振り回される子ども達だけど、みんないろんな問題を抱えながら逞しく生きようとしている。
特に主人公が知り合う不思議な少年は、現代社会が見落としてしまった存在で、大人の視点から見たらそれはもうなんとかしなくちゃという悲惨な状況なのだけども、彼と彼を取り巻く子ども達の彼らなりの厳然たる理由がとてもまっすぐで、ひょっとしたら周囲の大人は見てみぬふり、だまされてあげてるのかもしれないと思ってしまいました。
子どもは大人が思ってるほど単純じゃない。
強く逞しくしたたかで純粋で。

とても力強い作品でした。



久しぶりの本の紹介でした。
興味がない方にはつまらないエントリだったかと思います。
最後までおつきあいくださって、ありがとうございました(ぺこり)


スポンサーサイト
[2012/05/19 01:12] | book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『ハイナ!』露出 | ホーム | 拍手コメントのお返事☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/563-a38231f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。