kaoru's cafe
『あなたと読む恋の歌 百首』



『あなたと読む恋の歌 百首』 俵万智 / 朝日新聞社



短歌が好きです。

恋の歌、特に好きです(//▽//)

ていうか、恋を詠った短歌←好きなんです。

単純♪


片想い、しのぶ恋、秘密の恋、恋の終わりや始まり、心も身体も満たされる喜び、ささやかな幸せ・・・
とても一言では言い表せないような感情の襞をたったの三十一文字、「みそひともじ」に込める思いは、今も昔も、老若男女問わず同じなんだなぁと染み入りました。

短歌って、私のような素人には、表面だけでは残念ながら読み取れない深さがあるので、この本のように、作者がその歌を詠んだ当時の心情、その前後に詠まれた歌、俵さんの感想を織り交ぜながら解説してもらうと「みそひともじ」の向こう側にあるものがいっきに広がりをおびて目の前に開けてくるような感覚があります。その歌の情景が眼に浮かぶというか。
もちろん、明治の時代から現代の歌人まで幅広く網羅されてるので、俵さんの想像の範囲のものもあるのだけれど、それでも、その一首に対する俵さんの深い思い入れが伝わってきます。

もちろん解説にばかり頼ってしまうのは勿体ないので、私自身の初見の感想も大切にしつつですけど^^




続きに百首のうち私が惹かれた歌をいくつか紹介させていただいちゃおうかと・・・・












「いちにちを降りいし雨の夜に入りても止まずやみがたく人思うなり」

藤井常世

降り続く雨が止まないように私があなたをおもう心も止みません。
いえやめることができないのです。
今日はこちらはまさにそんな雨。私の心もずっとやみがたいおもいにあふれてます。
←どさくさ



「チェロを抱くように抱かれてなるものかこの風琴はおのずから鳴る」

大田美和

思い通りにはなりません。私には私の意志があります。





「房総へ花摘みにゆきそののちにつきとばさるるやうに別れき」

大口玲子

春の花摘み房総デート。浮かれ気分のところにまさかの別れの言葉!




「君がふとつめたくないかと取りてより絡ませやすき指と指なり」

角倉羊子

指と指が微妙に触れ合って、手をつなぐきっかけって難しい。
けれど、その一歩を踏み出せたら、次からはつなぎやすく・・・
付き合い始めのほんの短い間にしかうまれないどきどきの感情。




「花水木の道があれより長くても短くても愛を告げられなかった」

吉川宏志(1969生まれ)

言おうか言うまいか、逡巡。花水木に背中を押された愛の告白。
男性の心臓の鼓動が聞こえてきそうな歌
(男性の作者。年齢が近いので勝手に親近感)




「樹の葉噛む牝鹿のごとく背を伸ばしあなたの耳にことば吹きたり」

早川志織

読んだ瞬間、いっきに光景が広がった作品。
鹿がたくさんいるところに住んでるお友達と、その想い人の中睦まじい様子が眼に浮かんで「きゃあ(≧▽≦)」って軽く悲鳴をあげましたwww←妄想大好き




「暖かき春の河原の石しきて背中あはせに君と語りぬ」

馬場あき子

若々しさとみずみずしさと、初々しい様に照れる(//▽//)
周りまでもハッピーな気持ちにさせてくれそうな若いカップルの幸せそうな様子。




「あの夏の数かぎりなきそしてまたたった一つの表情をせよ」

小野茂樹

共に過ごした夏、見せてくれたたくさんの表情。どれもが私にだけの、たった一つの宝物。
今年の夏もそんなあなたに会えるでしょうか。




「月に立つ君のそびらのひとつほくろ告げざれば永久(とは)にわれのみのもの」

青井史

すごく好きです。
あなた自身が気づいてない背中のホクロ。私だけが知ってるんだから。
月光のさすひんやりした部屋。反するように内に秘めた情熱が刹那的。



「約束の果たされぬ故につながれる君との距離をいつくしみをり」

辻敦子

あの約束が果たされていないからこそ、あなたと私は繋がっていられる。
だったら永遠にかなえられなくてもいい。
別れてしまっても断ち切れない想いが切ない。








俵万智さんが、『もうひとつの恋』(角川書店)のあとがきにて

ー歌は心が揺れなければ生まれない。
ー恋は、心の揺れそのもの。
ー恋は、歌の種そのもの。


まさにその通りだと。









ちなみに、以下は『もうひとつの恋』の中の私が好きな歌。


「電話にて風邪の具合を告げながら 安心させたい 心配させたい」

「約束の場所を決めたらこんなにもゆっくりやってくる木曜日」

「ぐにゃぐにゃに時を曲げたい 六時間後に会える 二時間だけ会える」

「『それだけです』と 書いた手紙の余白には それだけでない心がにじむ」

「走るなら 自転車ぐらいのスピードで 走りたい青い風生みながら」



叶わない恋、未来を語れない恋

刹那的な恋の歌は、「きゅっ」ってなります。



好きだなぁって思う歌はありましたか?
聞かせていただけたら嬉しいです。



スポンサーサイト
[2011/06/27 11:29] | book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『野球の国のアリス』 北村薫 | ホーム | 拍手コメントのお返事☆と近況>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/395-5827b8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック