kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
読み聞かせ

新年度になって初の読み聞かせ。

今日は初めて「特別支援クラス」に入りました。

学年も違えば障害の大きさもそれぞれで、

肢体不自由な子もいれば知的発達の面がゆっくりな子もいて。


どんな本を読もうか悩みました。

「難しく考えなくてもみんな絵本が好きだから、喜んで聞いてくれるよ」

と、先輩ママさんのアドバイスをいただきつつ、以下の2冊をチョイス。


『しろくまくん、なにがきこえる?』
(ビル・マーチン 作 / エリック・カール 絵  偕成社 )

「しろくまくんしろくまくん なにがきこえる?」という問いかけから始まる親子対話ができる絵本。
エリック・カールは絵が色鮮やかで、迫力があるのでえらびました。
まずは、本を見てもらうこと。


『くまのコールテンくん』
(ドン・フリーマン 作 / まつおかきょうこ 訳  偕成社 )

デパートのおもちゃ売り場で売れ残ったくまのお人形「コールテンくん」
すっかり古びてしまって、だれも買ってくれません。
でも一人の少女がコールテンくんを見つけてくれました。
そのままの自分でも大好きだよって言ってくれるお友達との出会い。
この本を読むといつも心がほわっと温かくなります。
2冊目は、昔から読み継がれてる本の「絵本が持つ力」を信じて、この本にしました。


時間はちょっとオーバーしましたが、
聞ける子は最後まで本から目を離さずに聴き入ってくれました。
担当の先生からも、「子ども達は絵本が大好きですからこれからもよろしくお願いします。」
という言葉をいただきました。

気負いすぎてちゃダメだけど、なんの配慮もしなくていいわけじゃないとは思います。
順番があるので、次はいつ入れるかわからないけど、
また近いうちにこのクラスで読みたいなぁって思いました。

ちなみに次回は5年生!!
手ごわい学年なのだー(笑)

今回は震災後初の読み聞かせ。
反省会(というか、報告会&お喋り)のとき、「本を選ぶのに気を遣った」との声がありました。
うちの小学校にも、沿岸部の津波被害で、この内陸に避難&転校してきた子達が何人かいます。

たとえば『だいくとおにろく』を読むつもりだったけど、橋が川に流されるシーンがあると、
どうしても震災の津波とシンクロしてしまうので、今回は見送ることにしたと。

お父さんやお母さんのことを書いた本も内容によっては「う~ん?」と考えてしまいましたし。

専門的なことはわからないけど、
絵本を読むことで子ども達の心を少しでも明るくしてあげられたら・・・
特に今回は皆さんそんな思いで読みきかせに入ってたようでした。








スポンサーサイト
[2011/05/13 23:44] | 雑記帳 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<うまのうめ・・・? | ホーム | 『GANTZ~PERFECT ANSWER~』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/370-f46ae34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。