kaoru's cafe
「おそろし」 宮部みゆき
『おそろし〜三島屋変調百物語事始(みしまやへんちょうひゃくものがたりことはじめ)〜』
宮部みゆき / 角川書店

時代小説です。ちょっと怪奇譚的な要素アリです。
古代小説は一時むさぼるように読んだ時期があるけど、時代ものは、宮尾登美子さんの作品で触れたくらいかなー。
戦国武士を描いたモノより、商人や芸事の世界、市井の人々を描いたものが好き。

この『おそろし』には続編で『あんじゅう』(暗獣)という作品があるんだけど、
私ってば『おそろし』を知らずに、新聞連載で『あんじゅう』を先に読んでしまった。
ちなみに副題は「〜三島屋変調百物語事続〜」wwww
当然のことながら、所々話が見えないことがある(笑)
しかも、その見えない部分はストーリーの根っこに関わる結構重要なエピソードっていうね(爆)
結果、もやもやを残したまま読了した形になってしまったワケだけれど、これでやっと「事の始まり」を知ることができました。
はぁ、すっきりー(>▽<)♪

・・・とまぁ、自分のことはどうでもいいので(むしろ、いらん話)、ネタバレ含みつつの感想は続きにたたみます。



その前に
〜拍手御礼〜
いつも温かい拍手をありがとうございます(ぺこりん)
今朝の気温は−5℃でしたが、心はぬくぬくでございます(*^^*)




17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに、ぴたりと他人に心を閉ざしてしまった。ふさぎ込む日々を、江戸で三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら黙々と働くことでやり過ごしている。そんなある日、叔父・伊兵衛はおちかを呼ぶと、これから訪ねてくるという客の対応を任せて出かけてしまう。おそるおそる客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていく。いつしか次々に訪れる人々の話は、おちかの心を少しずつ溶かし始めて…哀切にして不可思議。宮部みゆきの「百物語」、ここに始まる。   〜アマゾンBOOKデータベースより〜


叔父に言いつかって聞き始めた不思議物語
三島屋を訪う客人の口から語られるそれぞれの物語。

「曼珠沙華」
「凶宅」
「邪恋」
「魔鏡」
「家鳴り」

不可思議なことがおこるその現象の背景に目を遣れば、そこには必ず「ひと」がいて「ひとの思い」がある。
親が子を思う、子が親を思う。
兄弟なれば、いや、だからこそ・・・
大店の使う側と使われる側、双方の立場。
惚れる惚れられる男女の想い。
あれは仕方がなかった。誰にもどうすることもできることじゃあなかった・・・。

残された者の思いと先に逝った者の思いが交錯して、そこに何を見るのか。


主人公のおちかと、それを取り巻く三島屋の人々や、それぞれに語られる物語の登場人物たちが、みなよく描きこまれていて、読み進めていくうちに、登場人物が頁から立ち上がって歩き出し、行間からはその声が聞こえるような感覚に。

ひとがきっちり描かれてる作品はホントに面白い。
この『おそろし』で、おちかの実家での「ある事件」をわかった上でもう一度『あんじゅう』を読んだら、
また違った味わいを楽しめるんだろうなー。

著者によると(『あんじゅう』公式HP)、このおちかと三島屋の物語はまだ終わらないそうなので、
今後続編が出る可能性も!!
楽しみーー(>▽<)♪


スポンサーサイト
[2010/12/13 12:01] | book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<二度寝?・・・・と拍手コメのお返事☆ | ホーム | クリスマス(雰囲気だけ 笑)と拍手コメのお返事☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/269-484023fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック