kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
『かたみ歌』 朱川湊人

『かたみ歌』 朱川湊人 / 新潮社

泣ける本という触れ込みでした。
昭和30~40年代の東京の下町『アカシア商店街』という300mほどのアーケード街が主人公。
そう、まるでこの『街』が主人公かのようだった。

いくつかの短編が少しずつ、重なり合って語られる物語集。


ネタバレはないと思いますが、念のためたたみます。




その前に、あたたかい拍手を頂いております。
ありがとうございます(ぺこりん)
毎回飛び上がるほど嬉しい気持ちにさせていただいてます(嬉泣)



いくつかの短編の中で、人々が出会う奇妙なできごと。
そこは、古本屋さんであったり、レコード店であったり、時に酒屋やラーメン店、スナックにお寺・・・。
それぞれの場所の人達を描いた、なんとなく物悲しいような、背中に冷水を浴びせられたようにひやりとするような、心がぽかぽか温かくなるような・・・そんな物語。

人を描きながらも、その物語の断片が紡ぎ合わされて、ひとつの街(商店街)の姿が、夕焼けの向こうにぼんやりうかびあがってくるようだった。

やはりここでも、「人は生きている限り、必ず死ぬ」ということ。
死者と今を生きている者を結ぶ何かは、恐ろしいものばかりではないということ。


私にとっては泣ける本ではなかったけれど、じんわりあたたかい気持ちにさせていただきました。

「なんか最近泣いてないなぁ・・・。」
という方、読んでみる価値はあると思います。


スポンサーサイト
[2010/11/28 23:35] | book | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ちいさんはぴば♪♪ | ホーム | ゆりすけラジオ感想(11月22日~27日)>>
コメント
いつも素敵な本の感想をありがとうございます。
朱川湊人さんはノスタルジックな所が好きな作家です。
紹介していただいた本をネットで図書館に予約して、読むのが幸せな時間になりました。
いつもありがとうございます。
HEY3のジャンプ10人のダンスにうっとりしております。
[2010/11/30 15:21] URL | [i:63981]びー #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます^^
こちらこそ、好き放題書いた感想文に共感していただけて大変嬉しい思いです(≧▽≦)♪
びーさんのコメントがあまりにも嬉しくて、ニヤニヤしてしまいました(//▽//)
朱川湊人さんは初めて読んだのですが、ノスタルジックな作風なんですね。
機会があれば他の作品にも挑戦してみたいと思います!

> HEY3のジャンプ10人のダンスにうっとりしております。
HEYの10人、かっこよかったですよねぇぇーー(≧▽≦)♪♪
鬼のようにリピしてます。
週末の少クラが俄然楽しみになって参りましたーー(るるるる〜〜ん♪)
[2010/12/01 21:51] URL | 薫 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/260-63b3c9d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。