kaoru's cafe
『さがしもの』 角田 光代
『さがしもの』 角田光代 / 新潮文庫


九つの短いお話
『本』がくれた物語。
『本』が『人と人』を、時に深く時にゆるく結ぶ「縁」の不思議

かつて自分が古本屋に手放した本に、旅先で出会う。
1度だけでなく、2度3度。
本と人が運命で結びついてると思わされる「旅する本」

詩集の間に挟まれた「手紙」

かつて万引きをしたことのある町の本屋に、
作家になったぼくは本の代金を払いに行く「ミツザワ書店」

ほか、何作かの小品。

そして、表題作の『さがしもの』
この作品に出会えてよかった。
この先、色んなつらいことにぶつかった時、
力を与えてくれそうな言葉に出会えた。



「読んだ後、きっとあなたはコレまで以上に本のことが好きになっている。
生きていると同じくらい、本と出会えてよかったと思うはずなのだ。」

『解説ー人間は本を読むために生まれてきた動物』の最後の二行。
けっして大袈裟ではありません。
この本は本好きが本好きであってよかったと思わせてくれる本。



とても幸せな時間でした。
収録された短編も、作者のあとがきエッセイも、最後の解説にいたるまで。


私は本を読むことが好きだけれど、
読書量はといえば、ホントの本好きの方たちには到底敵わない。

見たことも聞いたこともない作家はごまんといて、
私の短い一生で、一体あとどのくらいの出会いを果たせるのか。

本屋さんや、図書館でたくさんの本にかこまれた時のあの感覚
背表紙を目で追いながら、ふと指が吸い寄せられるあの瞬間
ページをめくるたびに広がる新しい世界。

私が今までぼんやりと抱いていた「かんじ」がそのまま著されていました。
本を読むことについて、自分以外の人と語り合ったことがなかったので
「私以外の本読みさんも同じ幸せな時間を共有してる。」
そのことがわかって、心をふんわりと温めてくれました。



そして、表題作の「さがしもの」について少し書き残しておきたいと思う。

「さがしもの」は病床の祖母に頼まれた絶版本を探してまわる中学生の私のお話。
結局、本は見つけられず、祖母は幽霊?になって私のもとを訪れる。
私は訊く。
「死ぬの、こわかった?」
「こわいもんか。死ぬのなんかこわくない。死ぬことを想像するのがこわいんだ。
いつだってそうさ、できごとより、考えのほうが何倍もこわいんだ。」
幽霊の祖母はそうやって胸をはった。

出来事よりもそのことを考える方がこわい。
彼氏に振られるかもしれない、両親が離婚するかもしれない。
そういったことを考えてる時間がこわい。
結局おこってしまえばそれはただのできごとなのだ。

たしかにそうなのかもしれない。
私事だけど、昨年祖母が緊急入院して、そのまま他界したとき・・・
だんなの仕事で、転勤の話があがったとき・・・

いろんなことを、特に「最悪の事態」をあれこれ思い悩んでいた時が心身ともに一番つらかった。
でも、できごとは、起こってしまえばいつの間にかそれは終わり、記憶の底に沈殿してゆくもの。


私は今、とっても元気で、そしてちゃんと笑えています。

スポンサーサイト
[2010/10/04 16:37] | book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<学習能力 | ホーム | 新曲PV初出し>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/228-e01199bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック