kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
耳で聴いて目で読んで、そして心が感じたこと 『JUMP No.1』個人的感想
明日から始まる「SUMMARY」の前に、どうしても書きあげたかったアルバム感想。
途中、2回も消えちゃって、これは「書くな」という意味?
とか思ったけど、書かないと後悔するような気がしたので、書きました。

音楽的なことは全然わからないから、主に歌詞を中心とした感想。
また、個人的な想いも詰め込んでるので、相当ひとりよがりに。

途中やっつけっぽいとこもあるケド、お見逃しください。
17曲全部書いちゃったので、ムダに長文・・・(滝汗)

お時間のあるときにでも、「続き」からお入りくださいませ。

あくまでも個人的感想です(ぺこり)。





変化球も捻りも、小技もテクもいらない。
ただ、不器用なまでにまっすぐな思いに
とうの昔になくしてしまったものを見つけ、
憧憬と感傷と・・・



『DREAMER』 作詞:薮宏太

初めて聴いたのは、ラジオ。
イントロ部、今から物語が始まる予感をさせる、ピアノ、弦楽器、鐘の音、続く音の重なり。
そして「Smile~♪」から始まるダイスキな人の声に滂沱する。
ファーストアルバムにふさわしい1曲。
「そばにいるよ。そばにいるよ。つらい時も嬉しい時も僕達と君達はずっと一緒にすごしてきたよ。
だから、これからも一緒だよ。」
こう言ってくれるだけで、なんかいろいろ報われた気がする。

でも、一番心に響いてしまったというか、ボディーブローくらったのはここ↓↓

「Time 時が流れて景色が変わり 大人になる前に♪」

とっくの昔に大人になってしまった私。
一瞬『DREAMER』という名の舟から強制的にひきずり降ろされた気持ちに(涙)


『INFINITY』 作詞:八乙女光 ピアノ:伊野尾慧

明るいポップな1曲
どれが誰の声か探しながら聴くことが多い。
「やることちゃんとやらなきゃ夢は手にはいんないよ。」
そういう曲。
あの日のように夢を見ること、明日を思い描くことは大切だけど、
そのために、今自分ができることを惜しんでちゃダメだよって。
夢見る夢子ちゃんは卒業しようねって。
そんなメッセージに感じられた。
光クンらしい、前向きな応援ソング。
いのちゃんのピアノは涼介さんの大サビの前でいいのかな?


『瞳のスクリーン』 5thシングル 連ドラ「左目探偵EYE」主題歌 主演:山田涼介

10人揃ってダンスが久々で~って以前に、シングル自体が1年4ヶ月ぶりの発売とか訳わかんない危機的状況にあったJUMPとファン待望の1曲。
ファン以上に当人達のあの頃の焦りや不安を、最近彼らの言葉として聞くとぎゅーってしてあげたくなる。


『真紅』 作詞:山田涼介

初見は「スクール革命」
関東のお友達が「絶対見るべし!!」と写メ送ってくれたり、DVDまで送ってくれたり(感謝してますー)。
曲調は『パフューム』や『アジアの夜』の流れをくむ、ちょいとミステリアスなイメージ。
初の作詞。しかもラブソングに挑戦!!
ってことで、こっち(私)も色々考えすぎてガッチガチでしたが・・・(^□^;)
でもね、ブックレットの言葉だけを拾っていくと、
今の涼介さんの等身大のボキャブラリーの中から選ばれた言葉達なんだろうなーと感じられて、
なぜか安心しました(笑)

「思い出じゃない ときめきがやまない そばにもういないのに・・・」

このフレーズがとっても好き。
特に「思い出じゃない」これだけでもう十分。
言いたいことが全部伝わりました。
そしてもうひとつ、「守りたかった」
これも個人的に好きな言葉なので、いちおあげときます(笑)
お姉さまか妹ちゃんの少女マンガを借りて作詞のヒントにしたとか、
ホントなら可愛すぎるので、ホントにそうなんだと思うことに。
どの漫画がヒントになったのかな~。

ソロ曲っぽいけど、ソロだったら嫌だな~と思っていたので、
少年収では10人で披露したと聞いて胸をなでおろす。
タイトルは始め英語で考えてたそう。
「真紅」があってるかどうか、未だにピンとこない。



『ガンバレッツゴー!』 歌:Hey!Say!7 (2010春高バレー応援ソング)

白状します。
今までJUMPの曲からほんとの意味で力をもらったことがありませんでした。
でも、この曲を春高バレーのオープニングで初めて聴いて、ホントに力をもらいました。
背中も押してもらいました。
「ガンバレッツゴーガンバレッツゴー全力でゴー!・・・」
呪文のように何度も何度も繰り返してました。
あの子達が、あの子達の場所で頑張ってるなら、私も私の場所で頑張ろうって言い聞かせてました。
泣くのをやめました。

「ずっと、そばで 感じてた キミの 本気 努力 ガンバリを♪」

涼介さんのその声があったから、立ってられました。
楽しくて元気な曲で、そして支えてくれた、とっても大切な曲。
そうそう、イントロが既出と違ってた。
コンサートで、7がこの曲を披露してる間、裏で超絶ノリノリで楽しんじゃってる兄組。
そんなの見たいに決まってるー(≧▽≦)))))ジタバター♪



『情熱JUMP』 2009春高バレー応援ソング

フリが細かくてなかなか覚えられなかった。しかももう忘れた(^□^;)
'09春コン@仙台を思い出す。


『すまいるそんぐ』 作詞:知念侑李 タンバリン:森本龍太郎

山ちゃんが作詞するなら、ボクもーー!!と手を挙げて参戦した曲。
タイトルがひらがななのは「山ちゃんがそのほうがいいって言ったから(はあと)」だそうです。
はいはい(笑)

ジャズのリズムが耳に新しい感じ♪
自分らしさを打ち出していこうっていうメッセージソング。
同時に、キライなこと、ニガテなことはなるべくやらないようにしてきた知念さん自身が、
そろそろ自分もこのままじゃいけないかなって思い始めた?って感じも。

「落ち込んでも みんなそばにいるから 大丈夫だよ 
 立ち上がってよ 手をかすから さぁ ♪」

この「手をかすから」の歌詞になんだか違和感が。
今までの知念さんのイメージだと、
「そばで見守るけれど、手は貸さないよ。最後は自分の力で立ち上がってごらん。
そのかわり最後までそばで応援するよ。」
こんな感じ。
10人全員で歌う歌詞だから「大きくなぁれ~」とは勝手が違ったって言ってたのはこういうところかな?
とはいえ、あくまでも個人的な知念さんに対するイメージですが。

で、で、りゅうたろのタンバリーーーン!!!(≧▽≦))))♪
タンバリンの音だけでもうかわいさまっくす!!
雑誌かな?「すき放題に叩いてた♪」ってコメントしてて、
録音中の楽しそうなりゅうたろを思い浮かべては、にやにやにやにや(笑)


『Memories』 左目探偵EYEスペシャルドラマ主題歌 主演:山田涼介

東京ドームの薮サマの涙がすべて。
涼介さんのソロ~~うるうる


『Dreams come true』 2ndシングル

いまでも、Mステの白い衣装を思い出す。
間奏で、7とBESTが別れて踊るんだけど、くにゃ~んとしたフリが好き。


『Time』 作詞:高木雄也 編曲:有岡大貴

ちょーーーーかっこぃぃぃぃぃ(壊)
「強がりだった君連れて 立ち止まる事などありえないから♪」
「カラッポの未来には手を出さない♪」
このフレーズが好き。
涼介さんのソロパートは例外なく腰からくだけてます(笑)
少クラで、フルで披露してくれるなんて、ほんとにありがたい。
薮サマの足の間をくぐる涼介さん(笑)
あんながたいのいい子がするりとぬけるなんて、ドンだけ足が長いんだ!!
音楽の事はよくわからないけど、大ちゃんのセンスがいっぱいつまった細かい音も
一生懸命聴くようにはしてるんだけど・・・、
涼介さんソロに毎度もってかれるという・・・ (大ちゃんゴメンねー(><)!)
時計のちくたくな感じはまさに「Time」
高木クンが夢で見た恋愛をヒントにしたラブソング。
曰く、「オトコに都合のいい内容になっちゃってるかも(苦笑)」
ってコトですが、ダイジョーブ(^^)v
女の子って男の子が思う以上にタフだと思うよー(笑)


『Score』 作詞:薮宏太 rap詞:八乙女光

BESTのためのBESTの曲。この曲を作れるようになるまでかかった時間。2年以上。
いろんな事があったんだと思うけれど、何年先も、どんなことがあっても、
今と同じ気持ちでこの曲を歌えるBESTの5人でありますように。
音源で聞くのと、ライブできくのと、印象がガラッと変わる曲。
はんぱナイ一体感(>▽<)!!


『Your Seed』 3rdシングル「カンフーパンダ」日本語版主題歌2008夏

2010コンで久しぶりにS字フォーメーションを見た(^▽^)!!
踊ってナンボ。ヘッドセットでガッツリ踊って欲しい1曲!


『アイ☆スクリーム』 作詞作曲:八乙女光 ギター:岡本圭人

個人的に、「アイ・スクリーム」のキーワードに残念な思い出が(笑)
つまんないミステリ作品のキーワードだったのよねー(笑)
でも、光クンのおかげで嫌な思い出も払拭されました♪(大袈裟)
もう何これーー!すっごく楽しい(≧▽≦)♪♪
チャイナ風サウンドから始まるのもおもしろいし、
言葉や音や声がいっぱいいっぱいぎゅぅ~~~って詰まってて、
声探ししてる間にあっという間に終わっちゃう(笑)
ちぃさんの「わかんない」の後に続く「わっかんない」は涼介さんでいいのかなぁ。
大ちゃんの「いた~~いいたいたい><」とかめちゃくちゃ可愛い(>▽<)
これ、コンサートで、かまずにちゃんと歌えるかなー(笑)
娘達もお気に入りで、一生懸命覚えてるけど、昭和はハナから放棄(爆)
で、圭人のギターはどこーーーーっ(>△<)!!!???


『真夜中のシャドーボーイ』 4thシングル 連ドラ「スクラップティーチャー」主題歌2008冬

2010コンのとき、涼介さんの「シャドー」の台詞にぞわわってした。
同じ「シャドー」なのに1年前と全然違う。
なにがどうって上手くいえないのがもどかしい。
もちろん裕翔の「シャドー?」も。
「シャドー」も「シャドー?」も涼介さんと裕翔のもの。この先ずっと。
この先、ジュニアの誰が歌っても二人を越えられない。
たとえば、あの「チッ」を誰がやっても越えられないように。


『Dash!!』 作詞:中島裕翔

タイトルの「!!」は「!!!!!!!!!!」くらいついててもいいよね(笑)
それくらい疾走感がある曲。
夏らしくって、ぜひ三ツ矢サイダーのCMにーーー(>▽<)♪♪
(お友達もおなじこと考えてた 笑)
デビューから2年半・・・
裕翔のこれまでの想いをのせた言葉達がいっせいに駆け出したみたい。
きっと心を解放できたんじゃないかな・・・。
それこそ、JUMPバンドで、裕翔のドラムで聴かせてください。
ドラムもベースもギターも、それぞれちゃんと魅せ場があるんだもん。
やらなくてどーするの?です。


『Ultra Music Power』 デビュー曲 2007ワールドカップバレー応援ソング

いわずと知れたデビュー曲
この曲、未だにむずむずする(笑)
ジャニーズソングとか、アイドルソングにほとんど触れてこなかったから?
曲の中に「ジャニーズ」とか「グループ名」とか入っちゃうなんて!!
って、当時は衝撃&赤面モノだった。
今はすっかり慣れたけどねーー(^□^)♪


『Thank You~僕達から君へ~』 作詞:Hey!Say!JUMP

メンバー全員で書いた曲。
泣かないで、またすぐに会えるよ。
泣かないで、ちゃんと迎えに来るから。
逢えない時間もいつも想ってるから。
一緒に過ごした時間を励みに、
次の約束の日までお互い頑張ろう。

ありがとう。
想いはちゃんと届いてた。
そして、10人からの返事もちゃんと受け取ったよ。
これからも一緒にいさせてください。
「みんながいるからJUMPがいる。 JUMPがいるからみんながいる。」by薮サマ
は、名言。

そして、後半のマーチング部分、びっくりした!!こんなアレンジあり?
ホンモノの楽隊がドリルつきでフル演奏するとことか激しく見てみたい。
自衛隊とか警察の楽団って鳥肌モンなんだよねー。
サマリーで、それっぽいことするのかなぁ?


『メッセージ』

最後の最後に、10人からの一言メッセージ。
真面目なメッセージだったり、照れ隠しなのか、おちゃらけてるメンバーもいたり、10人10様。
涼介さんの声も話し方も真面目なコメントも丸ごとだいすきです(//▽//)←結局そこ


こんなだらだらとした感想に、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次は2008年の「SUMMARY」のことをちゃんと総括しようと思ってます。

スポンサーサイト
[2010/07/18 01:56] | CD | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『SUMMARY2008』←2年越しの感想ですかーっ!?(笑) | ホーム | 消えた・・・(・□・;)////>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/183-b0c89ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。