kaoru's cafe
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
『もうひとつの恋』 俵 万智+浅井しん平

『もうひとつの恋』 俵万智/浅井しん平 角川書店

俵万智さんの「みそひともじ」に、写真家の浅井さんが返歌のように写真を添える

12ヶ月の共同作業

1989年発行

写真には流行があることを実感。

被写体もだけど、仕上がりのイメージも。

その時代がもつ空気が感じられる。


反面、俵万智さんの紡ぎだす言葉には時代があまり感じられない。

今だったらきっと「携帯」とか「メール」っていうツールが歌に読み込まれてるだろうけど、

当時はそんなものはなかったし。

ポケベルもまだだったかも(笑)。


でも、ただシンプルに

『恋は不変』

それに尽きるんだろうな。



俵万智さんが、あとがきにて

ー歌は心が揺れなければ生まれない。
ー恋は、心の揺れそのもの。
ー恋は、歌の種そのもの。


まさにその通りだと。








「電話にて風邪の具合を告げながら 安心させたい 心配させたい」

「約束の場所を決めたらこんなにもゆっくりやってくる木曜日」

「ぐにゃぐにゃに時を曲げたい 六時間後に会える 二時間だけ会える」

「『それだけです』と 書いた手紙の余白には それだけでない心がにじむ」

「走るなら 自転車ぐらいのスピードで 走りたい青い風生みながら」



叶わない恋、未来を語れない恋

刹那的な恋の歌は、「きゅっ」ってなります。

スポンサーサイト
[2010/06/28 19:47] | book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2010春ドラマ | ホーム | 映画 『告白』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/169-8421a241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。