kaoru's cafe
Hey!Say!2010Ten JUMP@横浜アリーナ5月4日両部・5日全体感想
ぐずぐずしてたら、『左目探偵EYE』のDVDBOXが届いてしまいました。
特典映像が3時間もあるらしく。
こりゃ大変!早く仕上げなきゃ、脳内HDDが愛之助に上書きされる!!
てなことで、書きかけのまま放置していたコンサートの感想に慌てて取りかかる始末・・・。

まずは3公演入って感じた全体の大まかな感想。

あくまで超個人的感想、しかも長文なのでたたんでおきます。

暇つぶしにどうぞ。



5月4日1部 Cブロ4列目(実質3列・バクステほぼ正面)
    2部 Aブロ4列目(実質3列・着席ブロック)
5月5日最終公演 Bブロ14列(実質13列カーブの近辺)


「全体感想」

やっぱりコンサートって、楽しいなぁ~。
←バカ殿のまねをする嵐のまねをする知念さんのマネ(くどい)

冬コンのライブ感溢れるガッツリダンス系コンサートから4ヶ月。
ファンタジックでキュートでドリーム感いっぱいのエンターテイメントショーにシフトチェンジして、またまた魅せてくれました。

こうやって、まだまだJUMP のカラーはコレ!!って決まってないところがやっぱり魅力なんだろうなぁ。

いかにもJUMPらしいって事自体そもそもナニ?なんだけど、こんな顔もあんな顔も、ご要望があればそれこそどんな顔も見せちゃうよー的な。
成長過程にあるからゆえの引き出しの多さ。
参加する側も毎回、今回はこう来たか!!っていう楽しみがある。

ってエラソーですね(苦笑)

実は私、合間にチョコチョコはいる小芝居が残念ながらニガテなんです(どのメンバーがやろうがそれは変わらないと思う)。
せっかく気持ちが↑↑になってきてるところにそういう時間が入ることで、盛り上がりにブレーキがかかっちゃうような気がするの。
衣装や、スタンバイなど、つなぎの意味でも必要な時間なのかもしれないし、
そんなやり取りが好きな人もきっといると思うので、多分私は少数派なんでしょうけど。
と言いつつも、結局毎回、可愛かったし、台詞が違ったりアドリブが飛び出してくるから、「素」の部分が見えちゃったりしてくれるのも嬉しかったりするから許しちゃうんですけどねー(溺愛)


「衣装」

なんでーーーーーー(怒怒怒ーーー)
なんで「パジャマでお布団」がなくなっちゃったのよぉぉぉぉ(号泣)
赤チェックの涼介さん見たかったのにぃぃーー(>△<。)。。
すっごぉく楽しみだったのにぃぃぃーー(>△<。)。。。

はぁ。コレについては、いくら叫んでも、スッキリしませんが、気を取りなおして・・・。
えっと、サマリーのために低予算???(いきなり毒)
白上下にシルバーのガウンとか肩の辺りダボダボだし。
(あ、背が低いからいけないの?他のメンバーは着こなしてたの??)
冒険ライダーの衣装に似たライダーズっぽいのとか。
蛍光オレンジと蛍光グリーンとか。
基本10人がみんな同じ衣装なの。今までは同じテイストでも違うアイテムや小物でそれぞれの個性に合った衣装を作ってもらってたと思うんだけど・・・。
今回はベースはみんな同じでワッペンやボタンみたいなのを自分で好きなように貼り付けてカスタマイズする・・・みたいな。
学生が制服をアレンジする感覚。
なんか、もっとこう・・・。
暑いからもこもこしてなくてもいいんだけど、派手さはあってもよかったかなぁ~~~(小声)
いっそパジャマのまま何曲か歌ってくれても大歓迎だったんですが(//▽//)


「アルバム発表」

鳥肌と、跳ね上がった心拍数と、勝手ににじむ涙。
幸いにも、この発表の瞬間に居合わせることが出来ました。
多分椅子から10cmはお尻が浮いたと思う。
こんな嬉しいことって、久しぶり。
会場で次のコンサートの予定を聞かされて、凹むっていうのが私の今までのパターンだったから(笑)
だから今回も薮サマの口から「お知らせがあります!」と聞いた時、どんなに緊張したか(苦笑)
どんなお知らせが飛び出すか、ドキドキしたー。
ドラマとか、冠番組とかが決定だったら~~なんて野望も持ってたけど、
JUMP担の多くはアルバムって単語をあきらめかけてたんじゃないかと。
まだ先のことって。
だからだから、この発表はほんとに嬉しかったです。
涼介さんかな?「早くみんなに伝えたかった!!」っていってくれて、メンバー自身も待ち望んでたお仕事だって言うのが伝わってきました。
今、内容をつめてるみたいだね。
どんなアルバムが出来上がるのか、いい子にして待ってます^^♪

先日、だんなに「頼むから2枚とか3枚とか買わないでよ」と釘を刺されました。
ギクーーーーーッ!!!
仕様によっちゃあ多いにありえるので、はぐらかしときましたけど(汗)
それにしてもお見通しぢゃん!!怖いわぁ(ぶるぶる)。


「山田涼介作詞の野望」(笑)

・・・みたいな事を翌日のスポ紙に書かれてましたが(笑)
「らぶそんぐ」なんて言葉が飛び出した瞬間は、まだアルバム発表のお知らせにうかれてたので、心がちょっとざわりとしただけですが、コンサートが終わってコンビニでパン買うためにレジ待ちしてたら、だんだんテンションダウン。
だってね、あんな不器用で素直な子が、自分が経験した以外のことを書けるわけがないような気がするのよ。・・・のは私だけ?

『甘く切ない恋の歌』
『ウレシ恥ずかし恋の歌』
『叶わない片想いの歌』
『超ポジティブな恋の歌』etc…

一言でラブソングって言っても、どこを狙ってくるのかによって印象はちがうんだけども・・。

薮サマに茶化されてましたが。
「恥ずかしいだろー!!」と照れてましたが。(カワユカッタ//▽//)
個人的には、いつかの少クラで読んでくれた「まだ見ぬボクの大切な君へ」みたいなのが一番いいんだけどな~。
なんだかんだいいつつ、涼介さんは私の期待を裏切る子なので、背伸びしたラブソングなのかな~と勝手に想像しています。



「MC」

毎回毎回違った話題を持ってきて、楽しいMCになったなぁと思う(上目線)
以前はその日の話題を決めてるようなところがあって、あとは告知でいっぱいいっぱいだった。
薮サマがいい具合で壊れ始めたところに、年下メンバーが突っ込みを入れられるようになった頃から楽しくなって来たのかな?
あと、いのちゃんが喋るようになったことも大きいねぇ。
光クンが振ってくれたおかげだね。
横アリでは名古屋のような(「さくらんぼ男子」発言)笑いの神は降臨してくれなくて残念←。
でも、今回は高木クンがホントに頑張ってました。
ネタ?も自分から投下するし、そのネタ自体がメンバーが食いつきやすいネタで、話が広がるし♪
そういえば盛り上がってた「なぞかけ」!!みんなすごいのね~。
私はニガテです^□^;


「関ジュ」

横アリ後半に参加してた関西ジュニアの子4人あれ?5人??(物忘れひどすぎ)
重岡君と神山君か??
とにかくこの二人のトーク、惹きつける!!
関西の土地柄かカツゼツはいいし、物怖じしないし、きっちり笑いをとってくるし、ネタも仕込んでくるし(笑)
特にお気に入りに子がいなくても関ジュのコンサートって楽しいんだろうなぁって思いました。
でも、この子達の上には更に笑いに貪欲な桐山君たちがいるんだよね。
そう思ったら、京セラドームのオーラスのMCが若干心配に(冷汗)
(後日情報。案の定MCは半分もってかれたそうです・・・苦笑)
(でも、関ジュの人たちだって気を使ってセーブしてくれたと思うんだけどな)
(まぁ、あの人たちと対等にやり合ってたらそれはそれでビックリだけど)
て、また上目線で失礼しました。


「10人」

薮サマ
安心感を与えてくれる人
薮サマの前だったら不思議と他のメンバーのうちわを持ってても申し訳ないなぁって思わない。
安心して身を委ねられる人

光クン
安心させてくれない人
いい意味で、JUMPのイメージを固定化させないでくれる。
いつも刺激的な人

高木クン
中身が可愛い人
自分の殻を破ると言う公約を見事に果たしてくれました。
有言実行出来る男前な人

いのちゃん
ドリカムを歌ってた頃のヘアスタイルが1番好きです。
今の髪型は・・・「You!切っちゃいなyo!」 デス。
今までありがとう。
君から卒業してちゃんと向き合います。
でも、これからも変わらずに君を楽しませてもらいます!

大ちゃん
頼りになる人
頬を真っ赤に上気させて大汗かいて、ニコニコしながら目の前を駆け抜けていきました。
誰からも愛されてるのがほんとに伝わってきました。
そして、全幅の信頼を君においてるB型くんのこと、これからもよろしくお願いします。

裕翔
弟にしたい人
かわいいという形容詞を使う頻度が段々減ってきちゃったけど、
それを上回るかっこよさをものにしつつある。
今回も裕翔のJUMPをいたるところでみせてもらいました。
いつまでも飛び跳ねててね。

ちぃさん
小悪魔天使
娘にお手フリありがとう。
とっても喜んでました。
頭のてっぺんからつま先まで全力でアイドルな君を尊敬します。
内面はとっても大人な知念さん、ゆりすけの「すけ」の人を頼みます。

圭人
包容力を感じる人。
今回もやさしい物腰でファンサービスしてる姿を見かけました。
天然キャラな部分をMCで暴露されるようになったし。
まだまだ私にとってはつかみどころがない人。

りゅうたろ
弟分だけど、お兄ちゃん。
ステージにいてもいつもしんたろを気にかけているのがわかる。
はけるときにチラって見てくんだもん。優しいお兄ちゃんだね。
そして、これからも体当たりで涼介さんとじゃれあってあげてください。
(いつも痛い思いさせてゴメンネー。と代わりに謝っておく。笑)

涼介さん
怖い人
今まで自分が知らなかった「私」を教えてくれた人。
そういう意味で怖い人。
頑張り過ぎないようにがんばると言っていたので頑張ってください。
結局、君は頑張っちゃう人のような気がするよ(笑)
涼介さんが幸せそうだったので私も幸せでした。
コンサートの間だけは、私でも君を幸せにしてあげることができる。
だから幸せです。



会うたびに大きく頼もしくなっていく10人

次は『SUMMARY』

ますます太く強くなっていく「絆」を見せてください。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
あくまで一個人の感想ですので勘違いなどあると思いますが
お許しください。
スポンサーサイト
[2010/05/27 02:09] | concert | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Hey! Say! 2010 TEN JUMP コン記録 前半 | ホーム | 『きらい』大田美和>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/151-dcaeba8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック