kaoru's cafe
『月曜日の水玉模様』 加納朋子
『月曜日の水玉模様』 加納朋子/集英社

以前読んだ『レイン・レインボウ』に繋がりがある作品。

こちらは、日常のミステリーの要素が強かったかな。
といってもOL陶子さんが主人公なので、ちょっと企業ミステリーっぽくもありで。
タッチも軽いので気軽に読むにはお薦めです。

ただ無理やり「偶然」に「必然」の意味を持たせすぎたような・・・
率直に「そのオチに持っていくには都合がよすぎる」という展開が見えたのが残念。


でもやっぱりそこは加納作品!
加納作品の醍醐味はなんといっても「人」!(と私は思ってるんだけど)
こちらの方で惹きつけてくれました。


本筋(謎解き)とは直接関係ないところで繰り広げられる人間模様。
人が人と関わっていく中で変わりゆく関係性、その痛み。
なにかひっかかってること。
それは輪郭がはっきりしないけど、たしかにあるんだけど。
まぁ、気にしなければやり過ごせることで、やり過ごした方が自分もラクで。
周りに波風もたたないしね。

その正体が何なのか。
わかった上で抱えていくのと、わからないまま抱えていくのと。

咽喉に引っかかった小骨は
いつの間にかその体内に吸収され、その人の身となり心となるのか
それとも、傷を作り、侵食し、その人ひとりでは抱えきれないものになるのか


図書館に返してしまった『レイン・レインボウ』


再読必至デス。

スポンサーサイト
[2010/05/21 10:26] | book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『きらい』大田美和 | ホーム | ちがい>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nonho.blog93.fc2.com/tb.php/149-5b016e8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

薫

Author:薫
とりとめのない日常をぽつぽつと。

山田涼介くんと、彼が所属する「Hey!Say!JUMP」「NYC」をこっそり応援。

Twitter:@wakohrm

最新記事

kaoru@s bookshelf

訪問者数

ランダム妖怪辞典

くったりうさぎ きょうのひとこと

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

最新トラックバック